2011年7月26日火曜日

フィジー政府 被災地高校生・大学生を各10名 1年間給費留学受け入れ

 フィジー共和国政府は、日本の被災地から、高校生、大学生各10名を留学生として受け入れます。応募締切は7月31日(日)です。
応募要項は下記参照。
フィジー大使館URL
http://www.fijiembassy.jp/jp/index.html
申請書PDF
http://www.fijiembassy.jp/pdf/REGISTRATION.pdf

***************************************************************************
フィジー政府による 日本の東北地方における 震災および津波の被災学生への支援
フィジー政府は2011年3月11日に日本の福島、岩手、宮城の各県において震災および津波で被害を受けた日本の方々への人道的支援として、直接的な被害を受けた学生20名を奨学生として受け入れることとしました。奨学生は10名がフィジー国立大学(FNU)で学士課程を1年間、10名が高等学校で1年間学ぶことになります。

奨学生として選考された学生にフィジー政府が支給する費用は下記の通りです:
選考された20名すべての学生について: 日本からフィジーへの往復の渡航費

高校生10名について:
● 学費一年間
●寮費もしくはホームステイ
●食費 - 一日3食
● 文房具および学用品
● 制服
● 教科書
● 小遣い

学士課程の大学生10名についてはFNU で次のいずれかの課程を専攻することとします: 経済学、ホスピタリティ学、人文学、教育学、工学、農学、林学、水産学、公共衛生学、歯科、保健科学、看護学。大学生の奨学金は学費および寮での滞在費を含みます。
申し込み:
東北地方の学生で、奨学支援に応募を希望する方は2011年7月31日(日曜日)までに下記の書類を 在日フィジー共和国大使館 info@fijiembassy.jp
件名 「FIJI ASSISTANCE REGISTRATION」 としてメールでお送りください。

● 氏名、住所、電話番号およびメールアドレス
● 高等学校もしくは大学、どちらの奨学支援を希望するか
● このプロジェクトによってどのようなことを学ぶと思うかを簡潔に明記
● 震災・津波による学業への影響・被害を明記

問い合わせ:
この件についての問合せ先は下記の通りです:
1. クレラ・ラカボサ - 090-9950-7984
2. 青木 祐子 - 03-3587-2038
フィジー共和国大使館
東京都港区麻布台2-3-5
ノアビル14階
電 話: 03-3587-2038

0 件のコメント:

コメントを投稿

メールを送って頂ければ読者登録いたします。Follow by Email