2011年12月9日金曜日

「京都で冬休み」
福島(被災地)の子どもたち向け保養プラン

《ご注意》 以下の企画は、昨冬のものです。
この冬の企画(2012.12.24~27)は、以下のアドレスをご参照下さい。
「京都でクリスマス」(第二回京都で冬休み)
 http://kyoto-sien.blogspot.jp/2012/11/blog-post_28.html

 みなさま、いつも「京都から東日本大地震被災者を支援する会」を応援して下さり、有難うございます。私たちは、震災直後の3月の段階から、放射能汚染の厳しい土地から、子どもたちを避難させるように呼びかけてまいりました。当初(4月)は、子どものショートステイ、ホームステイという案を携えて福島を訪れましたが、被災地のニーズとかみ合わず、残念ながらこのプランは不首尾に終わりました。
 その後、ゴー!ゴー!ワクワクキャンプのみなさんが、5月のゴールデンウィークと夏に、こどもキャンプを京都で実現されたことは、このブログの読者のみなさんのよく知るところです。とりわけ、今夏、一か月に及ぶキャンプを実現されたことには、その苦労、努力を思うとき、ただただ頭の下がる思いです。子どもを呼ぼう、と掛け声だけは勇ましく、実際には何もできてこなかった私たちとしては、忸怩たる思いがありました。
 そこで、このたび、満を持して、というわけでもありませんが、ささやかながら、福島をはじめとする被災地から、子どもやお母さんたちを招待することに決めました。まだまだ準備の途中で、資金集めも緒についたばかりですが、心はみなさんとともにあります。以下のプランにどうぞ、ご参加下さい。
支援する会代表世話人 滝澤 寛
******************************************************************
☆「京都で冬休み」                           

福島(被災地)の子どもたち向け保養プラン

 2011年3月11日の東日本大地震で被災し、また、その後の原発事故による放射能汚染に対する不安な日々を送っている子どもたち向けの冬休みプランです。日頃の不安や心配から、ひとときでも解放される時間を提供したいと考え、被災者支援活動の一環として企画しました。主に福島の子どもたちを参加対象に考えていますが、宮城や岩手からの参加者も歓迎します。

               スケジュール
■期 間   
                                
2012年1月5日(木)~8日(日)  3泊4日        

■ところ

京都府立ゼミナールハウス
(京都市右京区京北下中町鳥谷2 電話:075-854-0216 )

■内 容

原則として、ご家族単位で、のんびりと過ごしていただくことを目的とします。5日の晩は歓迎の夕食会を開きます。また、2日目(または3日目)の午後には懇親会をかねて、関西圏に福島から移住された方との交流会(お茶会)を企画しています(交渉中)。滞在期間中の午前・午後ないし夜間に簡単なレクリエーション(ゲーム大会、星空観察会等)を準備していますが、希望者による自由参加とします。

応募、問い合わせ頂いた方に、さらに詳細なプランをお知らせします。

■参加対象 

福島県在住の高校生までのお子さんをお持ちのご家族を主な対象として考えていますが、宮城・岩手等、被災地全域からの応募を歓迎します。母子等ご家族単位での参加を原則としますが、小学校高学年以上の場合、お子さんのみの参加もご相談に応じます。

■参加費用

ゼミナールハウス滞在中の宿泊費・食費無料。大人1人につき、1万円、子ども1人につき5千円(中高生金額応相談)、交通費を補助します。それ以外にかかる費用(主に交通費)はご負担願います。

■募集人員 

5家族(5部屋)15名(最大18名まで) (最少催行人数の目途は2家族とします)

■申込締切  12月23日(金)

主催 京都から東日本大地震被災者を支援する会
協力 ゴーゴーワクワクキャンプ
協賛 平和を願う草の根グループ「えんどうまめ」(山口県宇部市)

問い合わせ:tel: 090-9977-0131(滝澤 寛)
      e-mail : kyoto.sien@gmail.com 

ブログhttp://kyoto-sien.blogspot.com/

〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 京都大学理学研究科4号館404号室気付

(上記の所在地は、あくまで立ち寄り先ですので、郵便物のやり取りが必要な場合のみお受けします。大学への電話連絡は、一般業務の妨げになるおそれがあるので、お受けできません。あしからず、ご了承ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

メールを送って頂ければ読者登録いたします。Follow by Email