2014年3月24日月曜日

袴田事件と”社会正義”と

 みなさま、ご無沙汰しております。
 冤罪事件の代名詞ともいえる「袴田事件」の再審開始の是非が、この27日に静岡地裁で下されます。
http://www.h3.dion.ne.jp/~hakamada/jiken.html
 日本には、はたして「社会正義」はあるのか、日本の司法には「正義」はあるのか。まさしく、「審判の日」です。
 昨年の冬から今年にかけて、袴田事件の第二次再審請求を求める市民集会が、静岡県の浜松市と静岡市であいついで開かれ、私も行ってまいりました。
 浜松市での集会は、50名たらずのこじんまりとした集まりでしたが、袴田さんのお姉さんの肉声に接する貴重な機会になりました。1月13日の静岡の集会には全国から300名あまりの参加者があり、お姉さんも、「こんなに支援者が集まったのは初めて」とおっしゃっていました。
 私は、この事件のことは30年ほども前から知っていましたし、裁判に疑問も抱いていましたが、袴田さんやそのご家族の苦衷に思いを致せず、最近まで何の支援もできずにきました。たいへんに申し訳ないことです。
 昨年の暮れ、世の中は、「秘密保護法」制定をめぐって、議論がかまびすしかったところですが、50年近くも司法権力の、まさしく”秘密保護法的”体質によって、冤罪に苦しめられてきた袴田さんのことに、関心を払う人が少なかったことは残念なことです。(自分たちの近くで原発事故が起きたら、たいへんなことになる、とか、日本が戦争に巻き込まれたら、たいへんなことになる、という世間の論調に長く付き合わされてきましたが、なぜ、私たちは、すでに原発事故で苦しんでいる人や、
戦争に苦しんでいる人、さらには冤罪に苦しんでいる人に寄り添うことができないのでしょうか。自戒を込めて思うところです)
 
 フランク・キャプラは、映画「オペラハット」のなかで、主人公(ゲーリー・クーパー)に次のように言わせています。 心に残るセリフです。

「それはちょうど、私は大きな船のデッキにいて、
見ると、小舟に乗っているひとと溺れている人がいる。
小舟の人は漕ぐのが疲れたので、誰かに漕いでほしいと思ってるだけだ。
私はどちらを助けるべきと皆さんは思われますか?
誰かに自分の小舟を漕いでもらいたいシーダー氏ですか?
それとも海のなかでおぼれている人たちですか?
10歳の子供でも答えられるでしょう。」

 私は、大きな船どころか、笹船の端につかまり、自分自身がおぼれそうな有様です。
しかし、おぼれている人がいれば助けなければならない。救助には、順序が大切です。

 昨年の暮れに、私が、袴田事件の再審請求署名を会のメーリングリストでお願いしたことに、唐突な印象をもった人もいたでしょう。しかし、社会の虚偽と横暴にもっとも苦しめられている人に関心を向けることが、おそらく、日本の民主主義のためにもいちばん大切なことではないでしょうか。
 大見得を切ってもできることは限りなくささやかですが、「順序」を大事にしながら、少しでも「社会正義」と向き合いたい、と念じています。(もちろん、被災地でいまだに仮設住宅で暮らしている人たちのことも、忘れるわけにはいきません)

 (滝澤)

 

2013年11月9日土曜日

11月16日(土) 「ロメオパラディッソ」旗揚げ公演/福島市 

 皆様、たいへんにご無沙汰しています。
来週の土曜日に、お世話になった飯舘村の佐藤健太さんがプロデュースに加わっている、「ロメオパラディッソ」の旗揚げ講演が、福島市でございます。ピンチをチャンスに変えようという、その意気やよし。遠方にあって、直接応援に参ることができずに申し訳ありませんが、ぜひ皆様に知っていただきたく、ご案内いたします。
詳しくは以下のHPをご覧下さい。(以下の写真はロメオパラディッソのHPから拝借しました。健太さん、たいへんなイケメンですが、今回は裏方?のようです)
http://func.tv/first-performance/



**********************************************************************
●ロメオパラディッソ旗揚げ公演

楽器、ダンス、歌、あらゆるパフォーマンスを織り交ぜた、新しいエンターテイメントを、福島出身、福島在住の男たちを中心に構成したメンバーで創ります。子どもたちをはじめ、大人たちにも憧れられるよう、後世に残せる文化を福島から創っていきます。 100年目の宝塚、60年目の劇団四季、歌舞伎、能、どれも遡れば最初に始めた人たちがいて、そこから脈々と引き継がれてきたもの。
 その第一歩としてのロメオパラディッソ旗揚げ公演です。

場所     福島市公会堂
日付     2013年11月16日(土)

昼の部
14時開演(13時開場)
全席自由

夜の部    
19時開演(18時開場)
全席自由

チケット情報
前売     学生:2,500円     一般:3,000円
当日     学生:3,000円     一般:3,500円

 ※チケット取扱所
中合プレイガイド(福島市)、
あきたや楽器店(福島市)、
e+(イープラス)、
FBcart(フェイスブックカート)

福島市公会堂

脚本・演出:大信ペリカン(満塁鳥王一座)
音楽製作:ロメオト(ave、Shimva、nappo、YO、ITACHI、PELI、ALI)
振付:ロメオドリ(JASS、TOMOKI、SHIGE、KENTO、PAY、KINO)
舞台美術:ロメオステージ (LOMEO ALL CAST)
照明:麿由佳里(満塁鳥王一座)
音響:鈴木潤(ズン ジャパン コミュニケーション)
衣裳・メイクアップ:佐藤愛美(夢精ラヂヲ)
制作:SHIGE
宣伝写真:菅野明・菅野佑哉(フォトスタジオ ライト)
広報・宣伝映像: bambooyoudo
宣伝美術:HIDE
プロデューサー:佐藤健太、盛藤隆伸、押田一秀、五十嵐隆男、松井健治

企画:ロメオ株式会社
主催:ふくしま新文化創造委員会

協力:福島民報社、テレビユー福島、シティ情報ふくしま、ぶらっとWEB放送、ラグソール、いろいろアミューズメントサービス、BHIS、相馬はらがま朝市クラブ、ホワイトレイヴン、みんな共和国、みんな未来センター、ふくしま会議、助けあいジャパン、RESMILE PROJECT、復興支援センターMIRAI、イノベーション東北、ランドホー、アツシーデス、でくのぼー 他多数

後援:福島県、伊達市、田村市、会津若松市、喜多方市、国見町、石川町、鮫川村、磐梯町、中島村、川俣町、会津美里町、浅川町、棚倉町、会津坂下町、西郷村、下郷町、川内村、南会津町(順不同)他

製作:ふくしま新文化創造委員会

2013年8月23日金曜日

8月25日(日) 原発事故子ども・被災者支援法 学習会イン京田辺

急告ですみません。先ほどメールで知った情報です。
 汚染水が漏れ続いている、甲状腺ガンの発症など、被害の全体像が未だに明らかでない、現在進行形の事故として、福島原発事故を社会全体で関心を失わずに、注視し続けることが大切です。住民の被曝問題ももちろんのことですが、事故収拾のために動員されている作業員が、最も深刻な作業被曝にあっていることも忘れてはいけません。

 原発事故被災者の救済が進まない実情を知ることを含め、以下の学習会をおすすめします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発事故子ども・被災者支援法学習会in 京田辺
~ ご案内 ~

3・11東京電力福島原発事故をこの国が抱えてから3回目の夏。
皆さまいかがお過ごしですか?
この2年半に起きた、苦しいことも悲しいことも悔しいことも、
支えあって乗り越えていきたい。
今起きつつある様々な問題も、その被害を最小限に食い止めたい。
「原発事故子ども・被災者支援法」は、そんな想いをこめて、
知恵をこらして作られた法律です。
福島が、東日本が再び立ち上がるために。
日本全体が、私たちの故郷が、希望ある未来を紡ぐために。
この法律が示す被災者支援の在り方と可能性を知り、
これを実現するために、今私たちはなにができるのか、探りたいと思います。多くのみなさまのご参加をおまちしております。

とき:2013年8月25日(日)午前10時~12時
ところ:京田辺市社会福祉センター2階 地図↓

http://www.kyotanabesyakyou.com/other/inquiry.html


講 師:満田夏花(みつたかんな)さん(FoE Japan 理事)

資料代 500円

主 催: ふくしま月あかりの会
お問合せ: 070-5537-0478 (うの)

 

2013年8月12日月曜日

8月24日(土) 「いわて銀河フェスタ2013」/岩手・奥州市

 奥州宇宙遊学館(国立天文台水沢VLBI観測所~旧称・水沢緯度観測所内)において、8月24日(土)に、「いわて銀河フェスタ2013」が開催されます。入場無料です。切手のコレクションが趣味だった人には、緯度観測所50周年記念のデザインが、きっと心に刻まれていることでしょう。天文少年だった私は、切手も少し集めていましたが、カタログに載っていた、この水沢観測所の望遠鏡の姿が忘れられません。当時は、緯度を正確に測定する意義については、ほとんど理解していませんでしたが…。

 人気企画は当日整理券が必要なようですが、基本は予約なしで無料で施設が開放されますので、お近くの方はお出かけになってみてはいかがでしょうか。被災地の子どもたちにとっても魅力的な企画だと思います。引率が可能な地元(GMT)の方は、ぜひご検討ください。(水沢観測所は、宮澤賢治が、「銀河鉄道の夜」の着想を得た場所としても、つとに有名です) (滝澤)

*****************************************************
いわて銀河フェスタ2013

いわて銀河フェスタ2013と国立天文台水沢施設公開の日程と概要をお知らせいたします。

どなたでも無料でご参加いただけます。100台程度の駐車場がございます。

アンテナツアー、スパコンツアーなど人気企画は整理券を当日配布いたします。お早目にご来場ください。多くのご来場をお待ちしております。

日程
    2013年8月24日 10:00~21:00
    国立天文台の施設公開は16時までです。
テーマ
    スパコン「アテルイ」がやって来た!
    ―スーパーコンピュータが切り拓く天文学―

お問合せ
 奥州宇宙遊学館
        0197-24-2020
        http://users.catv-mic.ne.jp/~yugakukan/
    交通アクセス
       http://www.miz.nao.ac.jp/content/facility/mizusawa-campus

展示見学

    通常の見学コースに加え、銀河系の地図を作る壮大な計画VERAプロジェクトの20メートル電波望遠鏡や望遠鏡運用室などの見学ができます。VERAで明らかになった最新成果をご紹介します。

    RISE月惑星探査検討室の研究紹介コーナーでは、月や惑星の内部にせまる最新の探査計画を紹介します。はやぶさ初号機や2号機に関連する模型やパネルの展示、ビデオ上映、そしてペーパークラフト作成講座もあります。また、例年大人気のペットボトルロケット打ち上げも体験できます。

    そして今年は、この春ついに始動したスーパーコンピュータ「アテルイ」を間近に見学することができます。7色に彩られ轟音で冷却される最新鋭のスパコンを見て聞いて感じてください。

    天文学研究の素晴らしさを感じることのできる内容となっております。
 
●特別講演会

    演題
        「数値シミュレーションと国立天文台」
    講師
        国立天文台 助教 博士(理学) 伊藤 孝士 (いとう たかし)
    時間
        11:00~11:45
    講師略歴

        主な研究分野は地球科学・惑星科学、特に小惑星や地球の力学に関する数値シミュレーションと観測データ解析です。著書に『全地球史解読』(共編著、東京大学出版会)があります。猫の扱いが得意で、飼い主が留守時のキャット・シッターとして一部の人々に重宝がられています。

        1995    東京大学大学院理学系研究科(地球惑星物理学専攻)博士課程中途退学
        国立天文台 天文学データ解析計算センター 助手
        2010    国立天文台 天文シミュレーションプロジェクト 助教 (現職)

    演題
        「コンピュータで宇宙を知ろう。~宇宙最大の爆発、超新星~」
    講師
        国立天文台 特任助教 博士(理学) 滝脇 知也 (たきわき ともや)
    時間
        11:45~12:30
    講師略歴

        アテルイや京を用いた大規模な数値シミュレーションによって、超新星の爆発機構の謎を解き明かそうとしています。趣味は読書でジャンルは問いませんがSFが好きです。

        2008    東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了
        東京大学ビッグバン宇宙国際研究センター特任研究員
        2012    国立天文台 天文シミュレーションプロジェクト HPCI *1 特任助教 (現職)

        *1 HPCIはハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラの略

    演題
        「小惑星探査ミッション「はやぶさ2」の新たな挑戦」
    講師
        宇宙科学研究所 准教授 理学博士 吉川 真 (よしかわ まこと) 氏
    時間
        16:00~17:00
    講師略歴

        専門は天体力学で、「はやぶさ」や「はやぶさ2」等の太陽系天体探査ミッションを中心に惑星探査関連の研究をしています。また、天体の地球衝突問題(スペースガード)についても研究を進めています。生まれは栃木県栃木市です。

        1989    東京大学大学院理学系研究科(天文学専攻)修了
        日本学術振興会 特別研究員
        1991    郵政省通信総合研究所
        1996    フランスのニース天文台へ派遣
        1998    文部省宇宙科学研究所
        2003    宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 准教授 理学博士 「はやぶさ2」ミッションマネージャ (現職)


2013年8月5日月曜日

8月23日(金) IDE大学セミナー 「3.11と大学教育 ~大震災に学び教育の未来を拓く~」/京大楽友会館

 大学のなかをうろうろしていたら( ヒデリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアルキ)、犬も歩けば棒に当たる、で、以下のような案内のポスターを見つけました。IDEという聞きなれない団体の主催なので、ホームページをチェックしてみたら、次のような紹介文がありました。
「IDE大学協会は大学を中心とする日本の高等教育の充実・発展に貢献することを目的とする任意団体」だそうです。
 役員の皆さんを見ると、 錚々たる顔ぶれで、さしずめ、学者先生の○○り機関といったところでしょうか。(今さら、浮世の世渡りでもありませんが、不当な誹謗中傷と受け取られても困りますので、2文字伏字~自主規制~とします)
 ともあれ、肝心なときに庶民の立場から遊離して恥じない「大学」というところでも、多少なりとも、大震災へのリアクションがあった、ある、ということはいくばくかの救いではあります。

 入場無料ですので、お近くの方はお出かけください。(市民との交流を大事にしたいと考えている大学人もいると思いますので)

**************************************************************************
 IDE大学協会近畿支部 IDE大学セミナー 
「3.11と大学教育 -大震災に学び教育の未来を拓く-」

●日時

平成25年8月23日(金曜日) 13時30分~17時40分(受付13時00分~)
※ セミナー終了後に懇談会を行います。(京都大学楽友会館1階 食堂)
 

●会場
京都大学楽友会館2階 会議・講義室
(所在地: 京都市左区吉田二本松町)

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/profile/intro/facilities/kyoshokuin/rakuyu/access.htm
 

●話題提供

    「震災復興における大学教育の役割について」
    渥美公秀氏(大阪大学大学院人間科学研究科 教授)
    「被災地における支援・調査活動を通じた教育の効果とその課題」
    長峯純一氏(関西学院大学総合政策学部 教授)
    「気仙沼舞根湾調査に見る震災復興体験とフィールド教育」
    田中克氏(京都大学名誉教授)
    「ボランティア活動等を通じた体験談」
    谷崎佑磨氏(京都大学法学部 3回生) 京都大学東北復興支援学生ボランティア活動へ参加
    塩田朋陽氏(大阪大学人間科学部 4回生) 大阪大学災害ボランティアサークル「すずらん」の取り組み


●対象
 どなたでも参加できます。
 

●セミナー参加費
無料
※ 懇談会参加の場合は会費3,000円が必要です。
 

●申し込み方法
氏名、連絡先、大学名、職名、懇談会の出欠を明記の上、電子メールまたはFAXにて下記の申し込み先までお申し込みください。
 

●申し込み・問い合わせ先
京都大学渉外部広報・社会連携推進室気付 IDE大学協会近畿支部事務局
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
Tel: 075-753-2071、Fax: 075-753-2094
E-mail: ide_seminar*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)
 

●主催
IDE大学協会近畿支部



2013年7月13日土曜日

8月1・2日 夏休み香り文化体験に避難者親子をご招待/ 山田松香木店・京都

 昨夏、無料体験の情報をお寄せ下さった山田松香木店様より、今年も「夏休み親子香り文化体験」のご案内を賜りましたので、以下に要項を掲載いたします。
なお、山田松香木店のお香体験は以下のページに掲載されておりますので、ご参考になさって下さい。
http://yamadamatsu.sakura.ne.jp/2012/08/201282822.html

アクセスマップ↓
http://www.yamadamatsu.co.jp/company/access.html



**************************************************************
山田松香木店 夏休み親子香り文化体験
(京都に避難されている方々をご招待)

【日時等詳細】
日時:8月1日(木)・2日(金)
各日とも14:00~ (所要時間 約90~120分)
内容:お香の話と聞香体験・匂袋作り体験
対象:小学生の児童+その保護者(原則として1児童につき1保護者)
最少催行人数:5組10名様
場所:山田松香木店 伝承香房 (室町通下立売上ル)

【体験内容について】
1.お香の話
香木の生成過程や香の歴史などイラストなどでお子様にもわかりやすくご説明します。
2.聞香体験
香木をたき出すまでの手前をご覧いただき、お一人ずつ香炉を手に取って貴重な香木の香りを聞いていただきます。簡単に聞き方のお作法もご説明いたします。
3.匂袋作り体験
刻んだ天然香原料を調合してお好みの香りを作り、それを袋に詰めていただきます。
その後、その袋に色を塗ったり飾りをつけたり、かわいらしい匂袋に仕上げていただきます。
また、文香(手紙に添える小さな匂袋)も作成し、季節の手紙に使っていただくことで、実際に生活の中で香りを使うところまで実践していただきます。


【ご予約について】
7月25日(木)までに山田松香木店 京都本店までお電話にてご予約くださいませ。

ご予約・お問い合わせ先 山田松香木店
075-441-1123 ※日・祝日を除く月~土曜日 午前10時から午後5時30分


皆様のお越しを心よりお待ちしております。


どうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------
株式会社 山田松香木店 吉丸
e-mail  info[@]yamadamatsu.co.jp
URL     http://yamadamatsu.co.jp/
TEL:075(441)4694   FAX:075(431)7879
------------------------------------

2013年6月15日土曜日

8月16~19日・ふくしまっこイン宇治田原 元気回復キャンプ

   昨夏の宇治キャンプでお世話になった板倉さんから、情報掲載の依頼を受けましたので、今夏宇治田原で開催予定のキャンプ情報を以下にお知らせします。

**********************************************************************
みなさんこんにちは。  
宇治田原の里は、さわやかな初夏の季節になりました。さてこのたび、町内で地域おこしや子育て支援・教育に関する活動をしている団体が、手をつなぎ協働して「ふくしまっこin宇治田原プロジェクト」を、発足させました。これは、原発事故の影響で、外で遊ぶことが制限されている子どもたちに、思いっきり屋外での遊びを楽しんでもらおうと、8月16日(金)~19日(月)の3泊4日で、福島県からの親子を宇治田原に招待する“ 元気回復キャンプ ”を開催するものです。 みなさんの、ご協力またご参加をよろしくお願いします。
プロジェクト代表   柘植 彩
***********************************************************************
募集要項

※掲載予定のHP「子ども福島」保養情報の詳細項目によります。

1 応募条件
  保養プログラム名 ふくしまっこin宇治田原 元気回復キャンプ
  都道府県市町村  京都府綴喜郡宇治田原町
  募集状況     募集中
  募集締切     7月16日(火)
  受入地域     福島県内(現在在住の方)
  受入地域に関する備考  空欄
  受入期間     8月16日(金)~8月19日(月)※19日はイベントなし
  参加対象     親子
  参加対象に関する備考
           原則保護者が同伴する小学生(家族に未就学児、中学生がいる場合は要相談)
  受入人数     5家族15名程度

2 宿泊形態
  宿泊の形態    16日~17日はホームステイ、18日は宇治市内宿泊施設滞在
  参加費用     無料(京都府宇治市(JR宇治駅)までの交通費は各自負担)
  宿泊費用     無料
  滞在費用(食費など)無料
  現地までの行き方 その他

3 連絡先
  団体名      ふくしまっこin宇治田原プロジェクト
  連絡先      TEL 0774-88-2110
  担当者名     馬場 哉(ばんば はじめ)
  Email      fukushimaujitawara@gmail.com
  HPアドレス    ふくしまっこin宇治田原公式Facebook開設
  その他補足事項  「京都の田舎まちの親戚に泊まりで遊びに来た!」と思っていただけるような家庭的なプランです。末永くお付き合いしていただきたいので、飾らずお迎えさせていただきます。

メールを送って頂ければ読者登録いたします。Follow by Email