2013年3月4日月曜日

「津波のあとの時間割~石巻・門脇小・1年の記録」上映会/神戸・大阪

  ずいぶん以前になりますが、本ブログで「3月11日を生きて~石巻・門脇小・人びと・ことば~」という記録映画をご紹介しました。
  http://kyoto-sien.blogspot.jp/2012/07/x.html
 現在、その続編、「津波のあとの時間割~石巻・門脇小・1年の記録」が全国で公開されています。今週末から来週初めにかけて、神戸市神戸映画資料館でも上映されますので、ご案内しておきます。
 そろそろ、あの大震災から2年の月日がたちますが、復興への道のりは長く険しいことでしょう。神戸の震災の被災者によれば、震災から2~3年後がいちばん辛かった、と仄聞するところです。世の中の関心が移ろい、忘れ去られてしまうことが、もっとも被災者にとって辛く厳しいことではないでしょうか。
 なかなか、被災地を訪ねることはままなりませんが、せめて、こうした記録映画を見ることで、被災地への関心を保ち、エールを送り続けたいと思っています。(滝澤)
(その後、大阪市のシネヌーヴォでも上映されることがわかりましたので、情報を追加しました)

作品HP http://www.aftertsunami.net/?page_id=333
*****************************************************************
 「津波のあとの時間割~石巻・門脇小・1年の記録」(2012/125分/HD[ブルーレイ上映])
編集:村本勝 撮影:一之瀬正史 録音:滝澤修 音楽:森拓治 語り:三國裕子
監督助手:尾崎日出夫 監督:青池憲司

●神戸市・神戸映画資料館
 http://kobe-eiga.net/program/
 3月8日(金)~12日(火)
3月8日、11日、12日は11:00上映
9日は11:00、13:30、16:00の3回上映
10日は10:30上映
大人1300円、学生・シニア1000円、高校以下500円
会員1000円、学生・シニア会員900円


●大阪市・シネヌーヴォでも上映決定!(料金等は劇場にお問い合わせください)
 http://www.cinenouveau.com/
3月18日(月)~22日(金)10:40~
  初日、2日目青池憲司監督の舞台あいさつ有 他関連イベント有
3月23日(土)~29日(金)11:45
  
 あの日、東日本太平洋沿岸の多くの学校が津波に襲われ、石巻市立門脇小学校も壊滅的な打撃を受けた。児童300名のうち7名が犠牲になり、校舎は津波と火災で使用不能、地域(校区)もそのほとんどが荒野と化した。
 4月、門脇小学校は、高台にある門脇中学校の一画に間借りして新学期を迎えた。そこには、震災と向き合うこどもたちの姿があった。
 3年生の授業「よみがえれ石巻」では、自分たちが住んでいた町をどんなふうに創りかえるか? 新たな災害に備えるにはどうすればいいか? こどもたちの奔放なアイディアあふれる授業は3学期まで続いた。
 地域では、生活とコミュニティの復興をめざして、住民と行政の意見交換会が始まり、いまも続いている。
 そして、・・・震災後の6月から門脇小学校にキャメラを据えて1年、この映画は、教室と地域、こどもとおとなの再生の日々を、石巻の四季とともに織り上げた作品である。


0 件のコメント:

コメントを投稿

メールを送って頂ければ読者登録いたします。Follow by Email