2012年11月20日火曜日

11月23日(祝) 市民セミナー「秋の森を語ろう~京の里山・福島の森」/京都市国際交流会館

柏村先生のアレンジで、以下のような市民交流セミナーが企画されています。当会の簡単な活動報告や冬の計画もアナウンスさせてもらう予定になっています。ぜひ、お出かけください。
**************************************************************
気楽な市民交流セミナー秋の森を語ろう~京の里山・福島の森~
主催: 分子ハーブ研究所
後援: 京都から東日本大地震被災者を支援する会
●日時:2012年11月23日(金、祝日)午後5時半(開場)~8時50分(終了)
●会場:京都市国際交流会館(三条蹴上地下鉄東西線蹴上駅下車3分)1階第4会議室
交通アクセス→ http://www.kcif.or.jp/HP/access/jp/index.html
●参加無料 
●プログラム
はじめに主催者の挨拶と参加者の自己紹介・展示物・資料の紹介(18:00~18:10)
第1部 京の里山(18:10-19:10) 座長:田中淳夫(森林ジャーナリスト)
①久山慶子(法然院森のセンター)「京の里山を楽しもう」
里山・森林再生運動紹介「フィールドソサエティ、森林ボランティア協会、シニア自然教室」
~夕食休憩(会場内での講師と参加者の会食*、18:50~19:10))~

第2部 福島の森(19:10-20:20) 座長:柏村直樹(分子ハーブ研究所代表)
①柏村直樹 「放射性セシウム・ストロンチウムの森・農地・農作物への影響記録」
紹介と福島のカキ・ホウノキ出荷被害の見聞記 19:10-19:30
②石崎巧馬(京都教育大学教育学部4年生) 関西の一学生から見た福島 -「ふくしま」は
いまもかわらず「ふくしま」です 19:30-19:50
③原田英美子(滋賀県立大学准教授) 「植物におけるストロンチウムとセシウムの動態」 19:50-20:10
④資料参加: 上田義勝(京都大学生存圏研究所) 11・30京大シンポジウム要旨「農業総合センターとの縁系研究について」 とこれまでの国内重要講演・シンポの資料紹介
総合討論(20:20~20:30) おわりに 柏村直樹
連絡先(会場 075-752-3010):分子ハーブ研究所 075-441-0490 kasikyoton[@]gmail.com
* 館内洋食弁当出前1584円、要予約
講演要旨集(カラー、30ページ) 展示物 あります

0 件のコメント:

コメントを投稿

メールを送って頂ければ読者登録いたします。Follow by Email