2012年7月24日火曜日

よりそいホットライン/被災者向け無料電話相談


 10日ほど前のNHKニュースで取り上げられた「よりそいホットライン」について、ご紹介します。なかなかつながりにくいようですが、相談窓口には足を運べない、近くに悩みや問題を相談できる人がいない、などでお困りの被災者の方は、一度電話をおかけになって、相談なさってみてはいかがでしょうか。
*************************************************************
“よりそい”電話に200万件
7月15日 6時17分 NHKニュース
震災で被災した人などを対象にことし3月、全国で始まった無料の電話相談に、開設からの4か月間でかかってきた電話はおよそ200万件に上ることが分かりました。

「よりそいホットライン」と名付けられたこの電話相談は、被災した人の孤立を防ぐとともにあらゆる人の悩みに対応できる相談窓口を作ろうと、東京に事務所を置く団体が国の補助を受けて、ことし3月11日に全国で始めました。
福祉などの専門家と相談員が連携して毎日24時間相談に応じ、開設からの4か月間でかかってきた電話はおよそ200万件に上ることが運営団体のまとめで分かりました。
このうち、実際につながったのはおよそ6%の12万1000件余りで、優先的に対応している被災地や被災者が避難する地域からの電話が半数近くを占めているということです。
相談の中には「震災で家族を亡くし、1年たっても何をする気にもなれず寂しさがさらに募っている」という声や「自分が作った農産物から基準値を超える放射性物質が検出され出荷できなくなった。今後の生活を考えると不安で死にたくなる」といった深刻な声が多いということです。
運営する社会的包摂サポートセンター東北コーディネーターの山屋理恵さんは「態勢を強化するとともに、必要に応じて支援機関への橋渡しなどもしていきたい」と話していました。
電話相談の番号は0120ー279ー338です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

メールを送って頂ければ読者登録いたします。Follow by Email