2011年12月2日金曜日

東北へ行こう! ~東北応援パス~


帰りなんいざ、田園まさに荒れんとす

 原発事故直後は、若者は汚染地帯に行くべきではない、ということがしきりに語られましたが、私はこの意見には違和感がありました。
 こうした考えは、問題にフタをすることにもつながりかねないし、むしろ未来を担う若い世代の人たちにこそ、積極的に被災地の実情を知ってほしい、と思ったからです。放射能に汚染された土地には、今でも大勢の若者や子どもが暮らしているわけですから、なおさらです。
 もちろん、放射能で汚染された土地に出向くには、それなりの覚悟や用意は必要ですが、事実を目撃する価値、同時代を正しく呼吸する意義にも目を向けてほしい。
 被災地の方々のマインドとしては、見物に来たのか、短期間で何がわかる、といった反感を抱く方も当然いらっしゃるでしょうが、そうしたことを先回りして心配していては何もできません。若者には、ぜひチャンスを作って、福島に限らず被災地を訪れてほしいと願っています。私自身は、福島以外の被災地を訪ねることができていないので、震災から一年経つ前に宮城や岩手も訪れなければ、と思っています。(ついでに、津軽まで、足をのばせれば、なんぼか、あずましいっきゃ)

 JR東日本の取り扱いですが、年末、「東北応援パス」という企画券が発売中です。利用してみてはいかがでしょうか。   (滝澤)
http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=1785
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
平成23年12月における土休日の2日間、JR東日本線、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、北越急行線及び伊豆急行線の普通列車(快速含む)の普通車自由席が乗り降りできるきっぷです。
★新幹線・特急列車等をご利用の際は別に特急券等をお買い求めください。

■ご注意■
東日本大震災等の影響で列車の運転見合わせをしている区間のうち、バスによる代行輸送を行っていない区間がございます。その区間では路線バスによる運転を行っておりますが、「東北応援パス」ではご乗車になれません。ご乗車の場合は、別に運賃が必要です。「詳細をご覧ください」をクリックいただき、ご確認ください。
詳細をご覧ください(下記アドレスをクリック)
http://www.jreast.co.jp/tickets/pdfFile.aspx?GoodsCd=1785&No=03

■取扱箇所■ お求め・お問い合わせは、フリーエリア内のJR東日本の駅のみどりの窓口、びゅうプラザ、提携販売センターおよび主な旅行会社へ。
(一部お取扱いしていない箇所もあります。)

■発売期間■ 平成23年11月3日~平成23年12月24日
※ご注意
各利用開始日の初日までの発売となります。例:12月3日(土)~4日(日)ご利用のきっぷは、
12月3日(土)までの発売です。12月4日の発売はいたしません。

■有効期間■ 連続する2日

■利用期間■
第1回 平成23年12月3日~4日
第2回 平成23年12月10日~11日
第3回 平成23年12月17日~18日
第4回 平成23年12月23日~24日
第5回 平成23年12月24日~25日

■設定区間・おねだん(円)■
設定区間 おねだん
東北応援パス   フリーエリア 東北応援パス   フリーエリア 大人 9,500円
小児 4,000円

0 件のコメント:

コメントを投稿

メールを送って頂ければ読者登録いたします。Follow by Email