2011年11月30日水曜日

冬休み 被災者受け入れ情報/北海道・札幌

冬休みの被災者受け入れ情報は、やはり需要が高いようです。川崎の情報へのアクセスも大変多かったです。川崎の受け入れの締切は12月3日まで延びましたので、プチ保養をご検討の方は、まだ間に合います。今回は、1月末まで、関東以北全般から受け入れをしている北海道・札幌の「あったかい道ハウス」さんの情報です。ご参考になさって下さい。
みちのく会ブログ http://ameblo.jp/coco-kara-hokkaido/

●追加情報
NEW!  私たちも受け入れプランつくりました!
「京都で冬休み」 福島(被災地)の子どもたち向け
保養プラン (締切12月23日)

http://kyoto-sien.blogspot.com/2011/12/blog-post_09.html

********************************************************
あったかい道ハウス 現在の受入状況について

只今、1月末日までの滞在予約を受付けています。


福島県以外からの応募も可能です。(関東以北)

 札幌の中心部から車で20分の森と川に囲まれれた静かな住宅地にあるリフォームしたばかりのキレイな宿泊施設で過ごしませんか?

 お迎えするのは札幌の民間受入団体「ようこそあったかい道」と先に避難して札幌に住まれている皆さんです。

 福島県を問わず3.11以降、放射能による影響によって、お子様への不安を少しでも解消したいとの多くの声をいただき受入させていただくことになりました。

 財源の少ない民間団体の企画ですので、至れり尽くせりのサービスは出来ませんが、施設の利用料は無料とさせていただいております。
 各県から来られている親子さんと交流しながらリラックスした数週間をお過ごしください。
【場所】 札幌市西区平和

【施設】 旧保養所 改装済み 全26部屋 食堂・厨房・風呂2か所(共同)、洗濯機完備→施設の詳細はこちら                         
【環境】 ・徒歩圏内の環境・・・図書館、病院、公園、川、遊歩道
 ・交通機関・・・施設前にバス停 ・大自然に囲まれ川の音、森の香りが漂う静寂な環境
【期間】 ※5日間以上最大50日までの滞在が条件  ※現在、2012年1月31日までの滞在を予約受付中です。
【交通費】基本は自己負担です。被災地により10名以上の人数がまとまって来られる場合は北海道の交通費支給を活用することが可能ですのでご相談ください。

【対象者】①関東以北に住民票があり震災の影響で生活に不安を持っている方 ②18歳未満のお子様が一緒に滞在される方
【定員】26世帯 (1部屋3名.4名を超える場合2部屋使用)
【参加費】宿泊費無料  自己負担(現地までの交通費、自炊費用)
※炊事用品・洗濯機・布団・暖房等完備しております。

【主催】 ようこそあったかい道 【共催】 みちのく会、みちのくキッズ
【後援】 ㈱ベガースウィンドル、(有)ベテランズ、㈲丸勝ふじさき、鳥勝 ㈱ルーツ・オブ・ジャパン

【申込・問合せ先】 come@attakaido.com

0 件のコメント:

コメントを投稿

メールを送って頂ければ読者登録いたします。Follow by Email