2011年9月28日水曜日

文部科学省発表(9月27日)の汚染地図
 群馬、栃木等も広範囲に汚染


 文部科学省は、群馬県の汚染状況を航空機から詳しく調べた結果を、これまでのものとあわせて発表しました(927日)。この地図を見てもわかるように福島県のみならず、栃木県、群馬県の広い範囲、さらに茨城県や宮城県の一部が強く汚染されていることがわかります。また、図面から当然予想されることは、岩手、秋田、新潟、長野、山梨、そして、東京、千葉、埼玉、神奈川といった、さらに広範な地域に汚染が広がっているということです。すでに、東日本の汚染マップは群馬大学の早川由紀夫さんによるものが発表されていますが、文部科学省、関係自治体当局の責任で、航空機を利用した観測網の拡充等、さらに詳細かつ正確な地図の作成が急がれます。福島県だけでなく、群馬や栃木の当該地域の除染や子どもたちの避難・保養等も考えなくてはなりません。


0 件のコメント:

コメントを投稿

メールを送って頂ければ読者登録いたします。Follow by Email