2011年7月14日木曜日

台湾観光局が岩手、宮城、福島の被災者のための「台湾希望の旅」を提供

 7月15日締切の情報です。先着順だそうです。
以下、台湾駐大阪弁事処のホームページにあるプレスリリースから一部を抜粋して、転載します。
*************************************************************

今回、台湾の交通部観光局が企画する「台湾希望の旅~東日本大震災支援プログラム~」は、岩手県、宮城県、福島県の東北3県に在住の被災者1,000人(罹災証明書又は被災証明書が必要)を対象に、7月下旬から11月までの間に、14日間の台湾滞在を招待するもので、日本―台湾の往復航空券、台湾現地宿泊施設13泊14日(宿泊地は台湾5市11県から先着順、宿泊施設の指定は不可)、台湾での空港―宿泊施設間の送迎(入国及び出国時のみ)、台北MRT悠遊カード、国立故宮博物院参観券などが無料で提供される。また、希望者は1999年9月21日に発生した台湾中部大地震で被災した南投県を訪れ、現在の復興した施設や街並みを見学する「南投921災区1日見学コース」にも参加できる。申し込みは2011年6月28日~2011年7月15日(先着順にて受付)

「台湾希望の旅~東日本大震災支援プログラム~」の詳細は、以下のウェブサイトをご参照下さい。

台湾観光協会
http://www.go-taiwan.net/

「台湾希望の旅~東日本大震災支援プログラム~」専用サイト
http://100.taiwan.net.tw/frontsite/japan/index.jsp

0 件のコメント:

コメントを投稿

メールを送って頂ければ読者登録いたします。Follow by Email